ベランダの防水工事の工法【専門業者に依頼して工事を行う】

雨水から建物を守る

作業員

工法と耐用年数

マンションやビルの屋根は絶えず日光や風雨にさらされており、降雨水の侵入を許しやすい場所です。屋根の防水工事をすると雨水の侵入を防ぎ、建物を劣化から守り寿命を伸ばせます。戸建住宅においても、外部にあるバルコニーやベランダは防水工事が必要な場所です。では防水工事にはどのようなものがあるかというとウレタン、シート、FRP、アスファルトを使用した工法があります。ウレタン防水は工期が早く、費用も安く済むのがメリットの工法で廃材も出ないのも良いところです。シート防水も工期と費用を抑えられる工法で、FRP防水は軽量でしかも強靭という特徴を持ち耐水性、耐候性、耐食性が高いです。アスファルト防水は、厚い防水層で雨水の侵入を防ぎ、おおよそ15年から30年と耐用年数が長いのが特徴です。窓サッシやタイル部分接合部分には、シーリングと呼ばれるゴム状のものが目地に詰められています。シーリングをすると水の侵入を防げ、劣化をすると古いものを除去してシーリング材を新たに注入したり、既存のものに充填したりします。一般的に屋根の防水工事は耐用年数10年ほどだと言われおり、工法や仕様、保護材や断熱材の有無、天候などによって影響を受け個々に大きく変わります。工事を長年怠っていると、防水層を全面的に撤去をして下地作りをしなければいけなくなります。このため、定期気的にメンテナンスが必要で、早め早めの対策がコストの削減にも繋がり、雨漏りの被害を防止するのにも最良の方法です。

Copyright© 2018 ベランダの防水工事の工法【専門業者に依頼して工事を行う】 All Rights Reserved.